Meeting with Ms.Lilian in Sendai 2012年6月12日

3月から少しづつ仙台へ足を運んでいます

5月は10日ほどの仙台滞在

ドリームスのワークショップを仮設住居に住む子供たちに行いました

十分に心を通わせるまでの時間はなかったですが、

今後時間をかけて子供たちとふれあっていきたいものです

*

宿題をみてあげているボランティアの学生たちとの語らい

東北福祉大学の生田目ゼミを訪問

ストリートチルドレン芸術祭というものを2005年より開催しているようです

http://wwwx.tfu.ac.jp/jhp/scc/

最近はあまり外のことに関心のない若者が増えてますが、

海外の問題に意識の高い学生たちに出会えると嬉しいものです

*

もう一つの目的はケニアのキベラスラムに生まれそだち、

孤児のための学校をつくったリリアン・ワガラさんの来日講演。

サポートをしているアマニ・ヤ・アフリカのスタッフ

と共に3日間一緒にすごしました

http://amani-ya.com/

19の時両親を亡くし、長女として17人の弟、妹を育てながら

明日の食べ物にも困る暮らしの中、

なお、20人の孤児をひきとり学校を始めたリリアン

それは”親や助けてくれる人がいなくてどれだけ辛かったか

私は知っているから”と

10年のうちに学校は大きくなり、今は400人の子供たちの母となっている

音楽教師のオギラも早くに母をなくし、父は逃去り

兄弟6人で物乞いやゴミを拾い生き抜いてきた人

母が生前言っていた”never ever give up!” という言葉を

胸に友達からノートを借りて勉強し、その後リリアンと

の出会いで音楽教師となった

その明るい笑顔の裏には、はかりしれない苦労がある

Takashi Owaki

Archives